廃車で業者とのトラブルが多いのは

廃車したはずの車に自動車税の支払い督促状が届く

廃車買取・引き取り業者に廃車手続きを依頼した車の自動車税の督促状が届く・・・。

自動車税は4月1日の所有者に課されますので、業者に廃車依頼したのが4月1日以降なら納税支払い通知書が当然、依頼主本人に送付されてきます。

トラブルが発生しやすいのは3月で車の廃車手続きを依頼した場合です。3月中に廃車したつもりでも、廃車買取・引き取り業者が4月1日以降に廃車手続きをすれば、やはり納税支払い通知書は依頼主本人に送付されてきます。

2月・3月とかではない月に廃車依頼したのに、納税支払い通知書が届いたら、業者に明らかに怠慢です。業者に問い合わせしましょう。但し、廃車依頼した時の状況が電話や口約束だけだったりした場合は証拠がないので、水掛け論になり結局自分で支払わなければなりません。

従って、廃車手続きを業者に依頼する場合は、「いつまでに廃車するか・廃車可能か」を事前にメール・FAXで明記してもらうよう必要があります。 また、廃車(抹消登録)がすんだら必ず抹消登録証明書のコピーを受け取るか送付してもらうようにすることが重要です。抹消登録証明書のコピーを必ず送付してもらえるように廃車手続きの依頼をするときは必ず条件としておく必要があります。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車手続きで損しないために. All rights reserved.

廃車手続き方法、自分の車を廃車引き取り業者に依頼する場合には、信頼できる廃車買取業者を選択することが重要です。

廃車手続き

愛車の売却・買取査定で20万円以上も査定額をUPさせる方法があることを知っていますか?

 廃車手続きTOP > 廃車で業者とのトラブルが多いのは